ネイルの資格

ネイリストになるルートとは

ネイルは、今や女性のファッションに欠かせないものの1つです。 洋服やバッグに様々なデザインや色合いがあるように、ネイルにも季節やトレンドによって様々なデザインや色の見せ方があり、また次々と新しいテクニックが生まれ、それが人気を博しているのです。 ネイル人気は、それを受ける側だけでなく施す側にも向けられています。 今、女性に最も人気のある職業の1つとしてネイリストが挙げられています。 ネイリストは、特に資格を必要としていませんが、かといって知識や技術がなければ一線に立つことは不可能です。 以前のネイリストを希望する人は、先輩ネイリストのもとに見習いとして付き、ネイリストに必要な知識や技術を目で見て耳で覚えて修行し、やがて一人前のネイリストとして一本立ちしていくという形を取ることが多かったのです。 しかし、ネイル人気の高まった現在ではこうした形では育成が追いつかないため、基礎的な知識や技術はネイルスクールで習得し、一定の技量を持ってから仕事に就くといった形に変化しています。

ネイリストの資格について

先ほどあげたように、ネイリストには特に資格は必要ないとされていますが、多くのスクールでは卒業までに民間団体によるネイリストの資格試験を受け、その合格を目指します。 これは、この資格を得たことで基本的な知識と技術を習得した証となるからなのです。 こうしたことから、資格があると就職の際に有利に働くとされています。 スクールの中でもネイリストを養成する講座では、まずはこのような基礎的な資格の取得を目指しますが、他にすでにネイリストになった人のためにさらに高い技術を習得する上級者向けのコースもあり、こちらはより難易度の高い資格の取得を目指します。 ネイル人気を受けて、各地にネイルサロンが次々と開業していますが、その数が増えれば競争が激しくなること考えられ、その中でも人気を得るにはやはりネイリストの高い技術が必要になると見られています。 このようなことから、将来独立して開業を目標にしている方は、こうした上級者向けの資格の取得が推奨されています。